性病の感染に注意喚起!若年層

性病検査|病院?保健所?自宅?

性病検査は、病院・保健所・自宅の3つで行う事が出来ます。
病院の場合は問診・内診・血液検査・膣分泌液採取・尿検査・組織採取などになります。
性病の種類によっても方法は違いますが、これらを採取して検査をするのです。
血液検査で分かるのはHIVなどで、尿検査であればクラミジアなどが分かります。
男性と女性でも採取する物が違う事があるので注意しましょう。
尖圭コンジローマなどは組織を採取して調べ判断する事になります。
保健所で行われている性病検査の主な物は、HIV検査です。
ただ検査日が決まっていたり、時間が決まっている事があるので事前に調べてから行くようにしましょう。
また中には他の性病についても検査してもらう事が出来ます。
今は自宅でも簡単にできる検査キットがあります。
尿・粘液・血液の採取が出来るようになっていて、HIV・クラミジア・淋病などに感染していないかを調べる事が出来ます。
採取した後は梱包し、あとは検査してもらえば結果を知る事が出来るものです。
どの性病検査の方法も、全て検体を採取する必要があります。
検査結果は即日、もしくは後日分かるようになっているので、検査を受けた所の説明に従うようにしましょう。
これらの方法によって自分自身が性病に感染しているかどうかが分かります。
ただ病気にはそれぞれ潜伏期間があり、その間は症状自体を感じない事も少なくありません。
潜伏期間中でも検査をすることはできますが、精度が高いものじゃなければ感染している事が分からない事もあるのを知っておきましょう。

MENU